ミアミリー ヒップスタープラスの良いところはどこですか?

 |  |  | 0

ミアミリー ヒップスタープラスは “ママの育児腰痛の軽減”“赤ちゃんの股関節変形の防止” の両面に対応する次世代型3Dベビーキャリー(抱っこ紐)です。

『ミアミリー』は、抱っこが原因で腰痛となり我が子を満足に抱く事ができなくなった母親が開発したスイスブランドの抱っこ紐で、母子の「安全性」「快適性」「機能性」「利便性」を柱に、「エルゴノミクス(人間工学)」に基づき「愛情」あふれるの中で設計された製品です。


お母さんの「育児腰痛」の軽減

ミアミリー ヒップスタープラスは、人間工学に基づき、抱っこによる「育児腰痛」を最小限に抑えるように設計されています。

赤ちゃんを抱っこする時、赤ちゃんを腰の脇に抱える抱き方をすることが多くなりますが、この時に背中をひねり背骨がねじれた状態で赤ちゃんの体重を支えため、体に大きな負担がかかり腰痛の原因となります。

ミアミリー ヒップスタープラスは、赤ちゃんの体重をヒップベースでウエスト全体にバランスよく分散させ体幹で支えることにより、背骨をまっすぐな状態に保つため腰かかる負担を大幅に軽減させて、「育児腰痛」の原因となる抱っこによる体の負担を最小限に軽減します。


赤ちゃんの「股関節変形」の防止

赤ちゃんの股関節はとても柔らかくデリケートにできています。

特に乳幼児の股関節異常は多く、定期健診でも必ず検査ずる必須項目にもなっています。

ミアミリー ヒップスタープラスは、変形股関節症などの原因となる抱っこによる赤ちゃんの股関節の負担を軽減するように設計されています。

エルゴノミクス(人間工学)デザインの3Dヒップベースが、赤ちゃんのお尻と脚をしっかりと支えて本来の自然で適切なポジションを保つことで、「脱臼」や「変形」の原因となる股関節の負担を軽減する股関節に優しい製品として、国際股関節異形成協会から認定を受けています。

また、赤ちゃんの股関節はとてもデリケートにできていますが、股関節の異常によって、痛がったりずっと泣いたりする事はありません。外観からも判り難いため、股関節の異常の発見が遅れる事も指摘されています。

乳幼児の股関節の脱臼は、大人になった時の変形股関節症の原因になると言われています。